社員インタビュー

「私が好きな場所」だからこそ、
毎日を楽しみながら頑張れる。

中部営業所

熊田 彩加(2019年入社)

熊田 彩加(2019年入社)

「好きなこと」を基準に
セリアへの入社を決めた。



私がセリアに入社した一番の理由は、シンプルに「大好きだったから」。学生時代に飲食店でバイトリーダーとして働いていて、常連さんと徐々に仲良くなるうちに「接客って面白い!」と感じていた私は、人と接する仕事に絞って就職活動を進めていました。セリアとの出会いは、合同企業説明会で声を掛けてもらったこと。学生時代から頻繁に通っていたお店でしたし、「自分が好きなところで働けたら幸せだな」と思いました。実は就職を決める前、セリアに来店した際に商品がどこにあるのか分からず、店員さんに尋ねたことがあったんです。私が声を掛けたスタッフの方は場所が分からず、先輩らしき人を呼んでこられたんですが、その時の2人の会話がとても楽しそうで。笑顔で話しているのを見て、「いい意味で上下関係のない会社なんだな」と感じていました。実際に入社してみても、上司や先輩との垣根は全くありませんし、とても働きやすい職場だと思います。


スタッフの働きやすさを
第一に考えてくれる会社。

実際に入社するまでは正直、「学生向けに良いところだけ話しているんでしょ?」と多少疑っている部分もありました(笑)。多かれ少なかれ、会社をよく見せたいと思うのが普通ですからね。でも入社した今は、「こんなにもスタッフの働きやすさを考えてくれているんだ!」と驚かされることの連続です。なかでも驚いたのが、お電話での商品のお問い合わせ・取り置き・在庫確認を廃止したこと。以前は、「この商品ありませんか?」といった問い合わせの電話が頻繁にかかってきていて、都度対応することで店舗での接客に支障がでることがありました。仕組みを変えたことで、スタッフが店舗の業務に集中でき、来店されるお客様に満足いただけるようになりました。そのほかにも、毎日何百と確認しないといけない在庫管理もどんどんと簡素化が進んでいて、社員の働きやすさを真剣に考えくれている会社だなと改めて感じています。



自由に売り場を作れる
店長の仕事がとにかく楽しい!



今は、とにかく店舗での売り場づくりが楽しいですね。定番商品をただ並べるだけでなく、お客さまからの問い合わせが多い商品や、SNSなどで紹介されているものなどを自分なりにチェックし、どんな売り場を作ればいいのかを考えるのが面白いです。先日は、小さなお子さん向けのバスボールの配置を変えてみました。お客さまに見えやすい大きな通路側の売り場に移動させ、小さなお子さんの目線に合わせて低めに配置したところ、以前に比べてたくさん売れるようになりました。セリアでは、それぞれの店長に売り場づくりが任されています。自由すぎて「この商品はどこに配置するのがいいだろう?」と考えすぎちゃう時もあるくらい(笑)。副店長や他のスタッフのみなさんと相談しながら、自分のお店を持ったように運営していけるのが本当に楽しいです!

他の社員のインタビュー